スポンサーリンク

認知症テストで絵の覚え方やイラストパターンが分かる記事一覧です

認知機能検査でイラストの試験 運転免許
認知機能検査でイラストを覚えるテスト
スポンサーリンク

認知症テストにおいて、絵を覚える方法については、私が受験経験をもとにした体験を基にした記事で書きました。

このテストでは、16枚の絵が出題され、それらに関する一覧表も用意されています。絵の覚え方については、合格と不合格に分類され、合格点は36点です。

具体的な点数の配分では、絵が80点、時間の問題が20点となっています。

また、高齢者講習や認知症のテスト問題に関しては、2022年5月に改正がありましたが、16個の絵を覚えるテスト問題自体は変わっていません。

一覧表のパターンはABCDの4パターンで、必ずこの中からどれかのパターンが出題されます。

このように、認知症テストにおいては絵の覚え方や点数の配分、出題パターンなど、受験者が課題に取り組む際の参考にしていだだき合格を願ってやみません!

スポンサーリンク

認知症テストで絵を覚える方法と認知機能検査イラストパターン一覧表

「認知症テストで16枚の絵を覚えるコツ」の要点は、以前の出題問題を把握することからスタートします。

認知症テストは令和4年5月13日から変更されましたが、16枚の絵のイラストパターンは従来通りです。過去問はABCDの4つのパターンがあり、出題はそれぞれのパターンごとに行われます。

受験する場所によってイラストがAパターンかDパターンかも知れません。16枚の絵が4つのパターンあるため、最大で64枚(4パタン×16枚)の絵を覚える必要があります。

「そんなにたくさん覚えるの?」と思う方もいるかもしれませんが、安心してください。お手伝いマンがサポートさせていただきます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。>>>

免許更新で認知症テストの絵を覚えるイラストパターンの覚え方2023!

認知機能検査

運転免許証の更新期限が75歳以上の方は、認知機能検査が必要です。認知症テストでは絵を覚える方法が肝心で、そのためには過去のテスト問題を知ることが重要です。

この記事では私が初めて認知症テストを体験した経験に基づいて書き上げた物です。

警察庁のページでテスト問題が公開されており、当ブログでは全ての認知機能検査イラストパターン一覧表を閲覧し、ダウンロードできるようにしています。

気になる合格点は36点以上で、ほぼ全員が合格できると考えています。

私も2019年に初めて認知機能検査通知書を受け取り、2022年8月に2回目のテストを経験しました。

初めての認知症テストは不安を抱くこともありますが、ネット上の例題を事前に勉強してテストに臨みました。結果、「認知機能検査はこれで満点が取れます」というポイントがつかめました。

ただし、2022年5月からは点数のお知らせがなく、「合格」か「不合格」になりました。

この個人的な方法で高得点を獲得できた体験記の記事です、今後の参考になればと思い、こちらで公開しています。>>>

認知機能検査で点数の分類は!合格と不合格はあるの?

認知機能検査の点数

認知機能検査は、75歳以上の対象者を対象にしており、2022年5月13日からは点数の分類が変更され、以前の3つから2つになりました。具体的には、

  1. 記憶力・判断力が低くなっている人(認知症のおそれがある方)・・・不合格
  2. 記憶力・判断力に心配のない人(認知機能が低下しているおそれがない方)・・・合格

総合点に基づいて2つに変わりましたが、原則としては合格・不合格の明確な基準は存在しません。

一般的には総合点で36点以上が合格、35点以下が不合格とされていますが、個々の結果には注意が必要です。

2022年5月の法令改正以降、各自の点数の発表は行われていません。認知症のおそれなしの合格点が36点以上であるように目指しましょう。

試験に取り組む際には裏ワザではなく、コツを掴むことが大切です。初めての試験であっても心配いりません。

私の実体験に基づくレポートも共有していますので、年齢に関する心配や悩みに対して安心感を提供できることを願っています。

記事では実際の出題問題も公開しており、参考にしていただければと思います。
詳細はこちらの記事をご覧ください>>>

高齢者講習の改正 2022 認知症検査のテスト問題や料金の変更点は?

高齢者講習 認知機能検査

70歳以上の方は高齢者講習を受けて初めて運転免許を更新する必要があります。しかし、75歳以上になると、認知症検査のテストや交通違反者には実技運転試験も追加されるようになりました。

高齢者講習には以前は2時間講習と3時間講習がありましたが、現在は2時間講習のみが実施され、その結果、講習料が実質的に値上げされました。

また、75歳以上の認知症テスト絵を覚える問題については、3問題から2問題に簡素化されましたが、検査手数料は依然として値上げされています。

更に、テスト問題の回答は紙ベースからタブレット端末の利用が可能となり、いずれかの形態を選択することが求められるようになりました。

高齢者による交通事故が増加しており、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどの判断ミスが目立っています。

このため、サポカー限定免許の制度も導入されました。この記事では、高齢者講習、認知機能検査、運転技能検査、サポカー限定免許に関する変更点について詳しく解説します。

詳細はこちらの記事をご覧ください>>>

高齢者講習で認知機能検査の合格点は?点数配分と不合格はどうなる?

認知機能検査の合格点

75歳以上の免許更新では、認知機能検査が実施され、合格のラインは36点以上です。イラストの絵を覚える問題が80点、時間の問題が20点で点数が配分されています。

不合格とされる36点未満の評価を受けた場合、記憶力や判断力に低下が見られ、「認知症のおそれあり」との判定が下されます。この場合、臨時適性検査の受検や専門医による診断書の提出が必要となります。

認知症でない場合は高齢者講習を受講して免許を更新できますが、「認知症である」と診断された場合は免許の取り消しとなります。

この記事では、認知機能検査の合格点や点数の配分、不合格の場合の対応について詳しく解説しました。

免許の更新に関するプロセスや注意事項を理解することで、適切な対応ができるようになります。
詳細はこちらの記事をご覧ください>>>

認知機能検査でイラストパターンの覚え方!イラストパターンA

認知機能検査で使用されるイラストパターンAは、一般的には特定の絵のパターンを覚えて、その後それを再現することを求められるテストです。

これは記憶力、注意力などを測定するのに役立ちます。この種のテストでの効果的な覚え方には以下のような方法があります。

イラストパターンAについて例題を入れて記事にしました。

詳細はこちらの記事をご覧ください>>>

まとめ

  • 認知症テストで絵を覚える方法は16枚の絵について一覧表も用意しました。
  • 絵の覚え方としては受験を経験した私の体験を基に記事しました。
  • 点数の分類では合格と不合格かあります。
  • 高齢者講習や認知症のテスト問題は2022/5に改正になりました。
  • 16個の絵を覚えるテスト問題は当初から変わっていません。
  • 一覧表のパターンはABCDの4パターンで必ずこの中からどれかのパターンがでます。
  • 合格点は36点で点数の配分は絵が80点で時間の問題が20点です。

コメント