スポンサーリンク

認知機能検査でイラストパターンaの覚え方や記憶のコツは?

認知機能検査イラストパターンa 運転免許
スポンサーリンク

運転免許の更新が近づいてきた皆さん!今日は、あのちょっぴり緊張する免許更新時の認知機能検査についてお話ししましょう。

認知機能検査でイラストパターンaを覚えたり記憶するコツは物語風に関連づけたりヒントとの結び付けが大事です。

私の認知機能検査テストの体験に基づいてもまとめて見ました。

このテスト、実はただの手続きではありません。私たちの認知機能と安全運転能力をチェックする大切なプロセスなんですね。

「え、またこの歳で新しいテスト?」と思うかもしれませんが、実はこの検査、高齢化社会の中で私たちドライバーの認知能力を保つために非常に重要なんです。

でも心配ご無用!今日はこの検査で使われるイラストパターンを効果的に覚えるコツをご紹介します。

さて、認知機能検査では、様々なイラストや図形を記憶し、それを後で思い出す力が試されます。

聞こえは少し難しそうですが、ちょっとしたコツと練習で、きっとクリアできますよ。

この記事では、そんな認知機能検査に向けて、皆さんが自信を持って合格できる情報をお届けします。

そして合格するためや安全運転のためにも、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

認知機能検査と高齢者講習の概要:どのようなテストなのか

さて、認知機能検査って具体的にどんなものなのでしょうか?

この検査、実は私たちの記憶力や注意力、認知スピードをチェックするためのものなんです。運転中には、様々な情報を素早く処理し、適切な判断を下さなければなりませんよね。

この検査は、そうした能力がちゃんと備わっているかを見るために行われるわけです。

具体的には、様々な形のイラストの絵が16枚の4パターンで全部で64枚あります。これらを一定時間見て記憶し、後でどれだけ正確に思い出せるかをテストするのです。

実際のテストではこの4パターンはABCDに区分されていて、必ならこのABCDのどれかが出ます。

聞くと少し難しそうに感じるかもしれませんが、コツを掴めば大丈夫。

それに、この検査は75歳以上の年齢の人は、私たちの安全運転を支える大切な役割を果たしています。

だからこそ、ちょっとしたコツや練習で、このテストを乗り切る準備をしておくことが大事なんですよ。

次のセクションでは、具体的なイラストパターンAの覚え方をご紹介しますので、お楽しみに!

認知機能検査でイラストパターンaとは

認知機能検査でイラストパターンa
認知機能検査でイラストパターンaの16枚です。
ヒントパターンA
1戦いの武器大砲
2楽器オルガン
3体の一部
4電気製品ラジオ
5昆虫てんとう虫
6動物ライオン
7野菜たけのこ
8台所用品フライパン
9文房具ものさし
10乗り物オートバイ
11果物ぶどう
12衣類スカート
13にわとり
14バラ
15大工道具ペンチ
16家具ベッド

イラストパターンの覚え方:基本的な戦略

では、実際に認知機能検査のイラストパターンをどうやって覚えるか、基本的な戦略を見ていきましょう。

イラストバターンA(大砲・オルガン・耳・ラジオ)
イラストバターンA(大砲・オルガン・耳・ラジオ)

心配しないでくださいね、難しいことは何もありません。

ちょっとしたコツを押さえておけば、ぐっと記憶がしやすくなりますよ。

まず、イラストを見たときには、その形や何を描いたのか、配置もしっかりと頭に入れましょう。

例えば、パターンAでは「大砲」や「オルガン」など、名前や形の画像を脳裏に焼き付けるように意識することがポイントです。

そして、それらのイラストがどのように配置されているかも大切。上下左右の位置関係を覚えておくと、後で思い出すときに役立ちます。

次に、覚えるべきイラストがABCDと4パターンの64枚ありますが、グループ分けして覚えるのが効果的です。

似たような形やヒントのイラストを一緒に覚えることで、記憶の効率が上がります。

例えばイラストの「昆虫」と「動物」ではパターンAでは「てんとう虫」と「ライオン」ですね。

また、物語を作って覚える方法もおすすめです。イラストの絵を物語の要素に見立てて、ストーリーを作るのです。

イラストバターンA
イラストバターンA(てんとう虫 ・ライオン・たけのこ・フライパン)

例えばパターンAの「てんとう虫」と「ライオン」では
・ライオンがてんとう虫を食べたとか
・ライオンにてんとう虫が止まっていたとか

パターンAの「たけのこ」と「フライパン」では
・たけのこをフライパンで炒めたとか

最後に、繰り返し練習することが大事です。

一度見ただけでは忘れがちですが、何度も繰り返して見ることで、記憶に定着しやすくなります。毎日少しずつ練習することで、テスト当日には自信を持って臨めるでしょう。

このような基本的な戦略を踏まえ、次のセクションではより具体的な覚え方のテクニックをご紹介します。楽しみにしていてくださいね!

実践的な覚え方のテクニック:効果的な記憶方法

前のセクションで基本戦略をお伝えしましたが、もっと具体的な覚え方のテクニックもありますよ。これらを使えば、認知機能検査のイラストパターンをより効率的に記憶できるはずです。

アソシエーション(連想)テクニック

イラストを見たときに、それがあなたの日常生活や経験と関連するものとして記憶する方法です。

例えば、「てんとう虫」を思い出させるなら、そのイラストを「昆虫」に関連づけて覚えます。この方法は、記憶に深く根を下ろすので効果的ですよ。

1回目の回答ではヒント無しで「てんとう虫」と答案用紙に書きますが2回目の回答ではヒントが書いてあります。

ですからヒントが「てんとう虫」と答案用紙に書いてるので「てんとう虫」と思い出して書けます。

ロケーションメソッド

ある特定の場所やルートに、イラストを配置するイメージを持つ方法です。お気に入りの公園の散歩路を思い浮かべて、そこにイラストを順番に配置してみてください。この方法は、順序立てて記憶するのに役立ちます。

例えばパターンAのイラストで続けますが・・・。

イラストバターンA(ものさし・オートバイ・ぶどう・スカート)
イラストバターンA(ものさし・オートバイ・ぶどう・スカート)

私は「スカート」をはいて公園へ行く散歩道で「オートバイ」にすれ違って畑には「たけのこ」畑と「ぶどう」畑があった畑の隅には「バラ」が咲いていたとか・・・

リピーティング(繰り返し)メソッド

簡単だけど効果的なのが、何度も繰り返し見る方法です。同じイラストを何度も見ることで、自然と記憶に残ります。寝る前や空いた時間に少しずつやってみましょう。

これらのテクニックを使って、楽しく記憶のトレーニングをしてみてくださいね。最初は少し難しく感じるかもしれませんが、慣れればどんどん記憶力が向上しますよ。

次は、日常生活でできるトレーニング方法を見ていきましょう!

日常生活でのトレーニング方法:認知機能を高める活動

イラストパターンA(にわと・バラ・ペンチ・ベッド)
イラストパターンA(にわとり・バラ・ペンチ・ベッド)

試験問題とは直接関係はないですが認知機能検査の準備として、日常生活でできるトレーニング方法もたくさんあります。

ここでは、誰でも簡単に取り入れられるいくつかの方法をご紹介します。

脳トレゲームやパズルを解く

脳を活性化させるのに最適なのが、脳トレゲームやパズルです。数独やクロスワードパズル、アプリでできる記憶ゲームなど、楽しみながら脳のトレーニングができます。

これらは、記憶力だけでなく、集中力や思考力も鍛えられるのでおすすめですよ。

新しいスキルを学ぶ

新しいことを学ぶことは、脳にとって非常に良い刺激となります。新しい言語を学ぶ、楽器を弾く、新しいレシピで料理を作るなど、何か新しいことに挑戦してみましょう。

これにより、脳は新しい情報を処理する力を高め、柔軟性が増します。

身体活動を増やす

身体活動は脳の健康にも良い影響を与えます。ウォーキング、ジョギング、ヨガなど、定期的な運動を心がけましょう。

身体を動かすことで血流が改善され、脳にも良い影響が及びます。

これらの活動を日常生活に取り入れることで、認知機能の維持・向上に役立ちます。

そして、次の認知機能検査の際には、より自信を持って臨めるはずです。毎日少しずつでもいいので、ぜひ試してみてくださいね。


認知機能検査イラストパターン一覧表はこちらのサイトにまとめてあります。↓

認知症テストで絵の覚え方やイラストパターンが分かる記事一覧まとめたサイトです、詳細はこちらの記事をご覧ください。>>>

まとめ

さて、今回は自動車免許更新時の認知機能検査に焦点を当て、イラストパターンの覚え方や日常でできる認知機能トレーニングについてお話ししました。

重要なのは、これらのテクニックや活動が、ただ検査をクリアするためだけではなく、私たちの安全運転を支え、日常生活の質を高めるためにも役立つということです。

認知機能は年齢と共に変化しますが、適切なトレーニングと実践により、維持や向上が可能です。毎日の小さな積み重ねが、安全な運転生活を長く続けるための鍵となります。

この記事を通じて、少しでも皆さんの認知機能の維持・向上に役立つ情報を提供できたら幸いです。

安全運転は私たち自身のためだけでなく、大切な人たちのためにも必要なこと。どうぞ安全な運転を心がけ、楽しいドライブライフをお過ごしください。

コメント