スポンサーリンク

認知機能検査のイラストパターンcは?認知症テストの絵を覚えるポイント

認知機能検査イラストc 運転免許
スポンサーリンク

認知機能検査でイラストパターンcの覚えるポイントは物語風に関連づけた語呂合わせとの結び付けが大事です。

私も認知症テストを2回体験していますので、それに基づいてもまとめて見ました。

この認知症テストは私たちの認知機能の記憶力のテストと実技実習で安全運転能力を再チェックする大切な検査で免許更新前のテストとなっています。

「え、またこの歳で新しいテスト?」と思うかもしれませんが、実はこの検査、75歳以上の運転免許保有者が対象の記憶力や判断力の高齢者講習となっています。

でもチョット気になりますが!このテストで出題されるイラストパターンの絵の覚え方をご紹介します。

そして、認知機能検査の手がかり再生では、4種類のイラストの絵を4枚で16枚の絵を見て、それを後で思い出して書き出すやり方です。

記憶力に自信のある方はもう勉強をせずぶっつけ本番でもいけるレベルかな~とも思っています。

心配になると思う方であっても、ちょっとしたコツと練習で、きっと合格できますよ。

この記事では、そんな認知機能検査に向けて、このテストに自信を持って合格できる覚え方をお届けしたいと思っています。

そして合格は勿論のこと安全運転のためにも、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

スポンサーリンク

認知機能検査と高齢者講習の概要:どのようなテストなのか

さて、認知機能検査って具体的にどんなものなのでしょうか?

この検査、実は私たちの記憶力テストするための手がかり再生のイラストの絵を覚えるテストと注意力などを見る時間の見当識テストがあります。

そして認知症テストが終了すると教習場のコース内を運転する実技講習になっていて、この検査は、そうした能力がちゃんと備わっているかを見るために行われるわけですね。

認知症テストでは、イラストの絵が16枚で4パターンがあって全部で64枚あります。

認知症テスト(手がかり再生)ではこの4パターンでABCDに区分されていて、必なずこのABCDのどれかのパターンが出ます。

事前に試験問題が検察庁のホームページで公開されていると云うことです。

これらのパターンは1枚に4種類の絵があって全部で絵は4枚を見ますので16種類の絵お見ます、そして時間は1枚につきおおむね1分です。

それを見て記憶し、後でどれだけ正確に思い出せるかをテストするのです。聞くと少し難しそうに感じるかもしれませんが、コツを掴めば大丈夫です。

それに、この認知症検査テストは75歳以上の年齢の人が免許更新前に受けるテストとなっています。

だからこそ、ちょっとしたコツや練習で、このテストを乗り切る準備をしておくことが気持ちに安心感が得られと思っています。

次からの項目は、具体的なイラストパターンcの覚え方をご紹介しますので、最後までお付き合いください!

認知機能検査でイラストパターンcとは

認知機能検査でイラストパターンcの16枚の絵です。
認知機能検査でイラストパターンcの16枚です。
16枚の絵ヒントパターンc
1機関銃戦いの武器機関銃
2琴楽器
3親指体の一部親指
4電子レンジ電気製品電子レンジ
5せみ昆虫せみ
6うし動物
7トウモロコシ野菜トウモロコシ
8なべ台所用品ナベ
9ハサミ文房具ハサミ
10トラック乗り物トラック
11メロン果物メロン
12ドレス衣類ドレス
13クジャククジャク
14チューリップチューリップ
15ドライパー大工道具ドライバー
16椅子家具椅子

イラストパターンcの覚え方:基本的なやり方

では、実際に認知症テストのイラストパターンcの覚え方の基本的なやり方を見ていきましょう。

そしてご私ならこうやったらいいかな~と自分にあったやり方を探して取り組んでみてください。

心配しないでくださいね、難しいことは何もありません。

ちょっとしたコツが分かれば、一段と覚えやすくなりますよ。

まず、イラストを見たときには、その形から何を描いたのか、配置にも意識を向けて見ましょう。


認知症テストイラストパターンc(機関銃、琴、親指、電子レンジ)
イラストパターンc1(機関銃、琴、親指、電子レンジ)

例えば、パターンcでは「機関銃」や「琴」など、4枚の絵のイラストの全部を目で見たときにカメラで撮ったように、そのままイラストの絵を脳裏に焼き付けるようにしてみてください。

そして、それらのイラストが最初の1枚目なのか最後の4枚目なのかも可能なら意識して覚えておくと、後で思い出すときに役立ちます。

次に、覚えるべきイラストCパターンで16枚の絵がありますが、その中でも似たものグループに関連づけて覚えるのも効果的だと思っています。

それは似たような形やヒントのイラストを一緒に覚えることで、記憶の効率が上がります。

例えば16枚の絵のイラストのヒントで「昆虫」とか「動物」が出てきます、パターンcではそれが「せみ」と「牛」ですね。

あるいは、ある物語を自分で分かるように作って覚える方法もおすすめです。イラストの絵を見て思いのままに勝手にストーリーを作ってみましょう。

認知症テストイラストバターンc(せみ・牛・トウモロコシ・ナベ)
イラストバターンc2(せみ・牛・トウモロコシ・ナベ)

それでは、パターンCの「せみ」と「牛」では
・セミが牛に止まったとか
・セミと牛の鳴き声が聞こえてきたとか

パターンCの「トウモロコシ」と「ナベ」では
・トウモロコシをナベで茹でて食べたとか
・トウモロコシで作るコーンスープをナベで作ったとか

そしてそれらを、何度も何度も口すさんで練習することが大事です。

何度も繰り返し練習して、忘れないように取り組んでみてください。毎日少しずつ練習することで、テスト当日には自信を持って臨めるでしょう。

このようなやり方の他に、次のセクションではより連想的な覚え方のテクニックもご紹介します。楽しみながら覚えられればいいな~と思っています。

実践的な覚え方のテクニック:効果的な記憶方法

認知症テストイラストバターンc3(ハサミ・トラック・メロン・ドレス)
イラストバターンc3(ハサミ・トラック・メロン・ドレス)

前のセクションで基本戦略をお伝えしましたが、もっと具体的な覚え方のテクニックもありますよ。これらを使えば、認知機能検査のイラストパターンCをより効率的に記憶できるはずです。

アソシエーション(連想)テクニック

イラストを見たときに、それがあなたの日常生活や経験と関連するものとして記憶する方法です。

例えば、「セミ」を思い出させるなら、そのイラストのヒントの「昆虫」だったねと覚えます。この方法は、記憶に深く根を下ろすので効果的ですよ。

1回目の回答ではヒント無しで「セミ」と答案用紙に書きますが、もしこの問題の「セミ」が思い出せなくても2回目の回答ではヒントが「昆虫」と書いてあります。

ですからヒントが「昆虫」と答案用紙に書いてるので、あっそれは「てんとう虫」だと思い出して書けますね。

だから16個の「ヒント」も余裕があれば一緒に覚えるのをおすすめします。

ロケーションメソッド

ある特定の場所を想定して、イラストの絵を配置するイメージにする方法です。
その場所を今回は公園に行く散歩路にしてみましょうか、そこにイラストを適当に配置してみてください。この方法は、時間軸の流れで記憶するのに役立ちます。

例えばパターンcのイラストで続けますが・・・。

イラストパターンC
ここでは、ドレスとトラックをピックアップ
イラストパターンC
ここでは、セミとトウモロコシをピックアップ
イラストパターンC
ここでは、チューリップをピックアップ

私は「ドレス」で公園へ行く散歩道で道路には「トラック」が、木には「せみ」鳴いていて畑には「トウモロコシ」があって隅には「チューリップ」が咲いていたとか・・・

リピーティング(繰り返し)メソッド

簡単だけど効果的なのが、何度も繰り返し見る方法です。同じイラストを何度も見ることで、自然と記憶に残ります。寝る前や空いた時間に少しずつやってみましょう。

これらのテクニックを使って、楽しく記憶のトレーニングをしてみてくださいね。最初は少し難しく感じるかもしれませんが、慣れればどんどん記憶力が向上しますよ。

次は、日常生活でできるトレーニング方法を見ていきましょう!

日常生活でのトレーニング方法:認知機能を高める活動

認知症テストイラストパターンc4(クジャク・チューリップ・ドライバー・椅子)
イラストパターンc4(クジャク・チューリップ・ドライバー・椅子)

認知症テストとは直接関係はないですが認知機能検査の準備として、日常生活でできるトレーニング方法は数多くあります。

これかは、高齢者ばかりでなく誰でも簡単に取り入れられるいくつかの方法をご紹介します。

脳トレゲームやパズルを解く

脳を活性化させるのに最適なのが、脳トレゲームやパズルです。間違い探しやクロスワードパズル、アプリでできる記憶ゲームなど、楽しみながら脳のトレーニングができます。

これらは、記憶力だけでなく、集中力や思考力も役立つのでおすすめですよ。

新しいことを学ぶ

新しいことを学ぶことは、脳の活性化に非常に良い刺激となります。新しい言語を学ぶ、楽器を弾く、新しいレシピで料理を作るなど、好きなことで何か新しいことに挑戦してみましょう。

これにより、脳は新しいことを学ぶことで脳全体の健康と活性化を高まりますね。

運動をする

身体を動かすことは、脳の健康維持にも有益です。歩行、ジョギング、ヨガなどの運動を日々の生活に組み込むことをおすすめします。

運動をすることで血液の流れが良くなり、それが脳へと良い効果をもたらします。

これらの活動をライフスタイルに取り入れることで、認知能力の保持や向上に対するサポートとなります。

そして、次回の認知能力テストの際には、自信をもって取り組むことができるでしょう。少しずつでも構わないので、ぜひ挑戦してみてくださいね。


認知機能検査イラストパターン一覧表でABCDの4パターン別に16枚の絵を覚える記事一覧です。↓

認知機能検査イラストパターン一覧表はこちらのサイトにまとめてあります。↓

認知症テストで絵の覚え方やイラストパターンが分かる記事一覧まとめたサイトです、詳細はこちらの記事をご覧ください。>>>

まとめ

  • 認知機能検査でイラストパターンCのイラストの紹介。
  • イラストパターンの覚え方で絵を映像のまま脳に焼き付ける。
  • イラストのヒントも一緒に覚えてみましょう。
  • イラストを日常の行動に関連ずけて自分用に物語りを組み立てる。
  • 脳の活性化のためにウオーキングなどの運動もやりましょう。
  • ご自分にあった覚え方のヒントになれば嬉しいです。
  • 合格点は36点以上となっていますので平常心で臨めば合格できます。

コメント