スポンサーリンク

認知機能検査のイラストパターンdは?テスト問題の覚え方!

認知症イラストパターンD 運転免許
スポンサーリンク

認知症テストのイラストパターンDの覚え方として物語のように連想ゲームを作ることが、イラストパターンDを覚える際のキーポイントとなります。

私自身も二度、認知能力の試験を受けてきましたので、その経験を元にいくつかのポイントをまとめてみました。

この試験は、我々の記憶力や運転技術を再確認するための重要なもので、運転免許の更新前に行われます。

「え、また新しい試験なの?」と思うかもしれませんが、実はこの試験は75歳以上の運転免許保持者を対象とした高齢者向けの記憶力や判断力を測る講習なのです。

それはともかく、この試験で問われるイラストパターンの覚え方について、いくつかご紹介しましょう。

認知能力の試験では、16枚のイラストを覚え、それを後で思い出すというやり方のテストです。

記憶力に自信がある方は、特に準備をせずにそのまま試験を受けても大丈夫だと思いますが、少し不安を感じる方も、いくつかのコツや練習を重ねることで、必ず合格できると思います。

この記事では、認知能力の試験に向けて、合格を確実にするための記憶術をご紹介したいと思います。

そして、合格はもとより、安全運転のためにも、ぜひ最後まで読み進めていただければと思います。

スポンサーリンク

認知機能テストと高齢者講習とは?

認知機能検査とは、具体的には、我々の記憶力を試す「手がかり再生」テストと、注意力などを測る「時間の見当識」テストの二つが主な内容となります。

そして、これらのテストが終わると、教習所のコースで実際に運転を行う実技講習が行われます。これらのテストと講習は、我々が適切な能力を有しているかを確認するために実施されます。

具体的には、認知機能のテストでは、64枚のイラスト(16枚の絵が4セット)を覚えることが求められます。

これらのイラストは、ABCDの4つのパターンに分類されており、試験では必ずその中の一つが出題されます。

事前に試験問題が検察庁のホームページで公開されていると云うことです。

認知機能検査で絵を覚えるパターンDとは

それぞれのパターンでは、1枚の紙に4種類の絵が描かれており、合計4枚、つまり16種類の絵を見ることになります。それぞれの絵を約1分で覚える時間が与えられます。

その後、どれだけ正確にそれらの絵を思い出すことができるかが試されます。初めて聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、ちょっとしたコツを掴むことで、きっと上手くいきます。

また、この認知機能検査は、75歳以上の方が運転免許の更新前に受けるものなのです。

だからこそ、少しのコツと練習を通じて、このテストに備えることで、安心感を得ることができると思います。

次のセクションでは、具体的なイラストパターンDの覚え方についてご紹介します。ぜひ最後までお読みいただければ幸いです。

認知機能検査イラストパターン一覧表 D

認知機能テストでイラストパターンDの16枚の絵とそのヒントとパターンの紹介です、ヒントはイラストパターンABCDで全て同じ同じです。

16枚の絵ヒントパターンD
1刀戦いの武器
2アコーディオン楽器アコーディオン
3足体の一部
4テレビ電気製品テレビ
5カブトムシ昆虫カブトムシ
6馬動物
7カボチャ野菜カボチャ
8包丁台所用品包丁
9筆文房具
10ヘリコプター乗り物ヘリコプター
11パイナップル果物パイナップル
12ズボン衣類ズボン
13スズメスズメ
14ひまわりひまわり
15ノコギリ大工道具ノコギリ
16ソファー家具ソファー

イラストパターンdの覚え方:基本的なやり方

それでは、実際に認知機能検査で出題されるイラストパターンDの覚え方について見ていきましょう。

自分に合った覚え方を見つけるために、私の方法を参考にしてみてください。

ご安心ください、特別難しいことは何もありません。

ちょっとしたコツを覚えるだけで、大幅に覚えやすくなります。

まず、イラストを見たときには、その形状から何を描いているのか、そして配置にも注意を払って見てみましょう。

イラストパターンd1(刀、アコーディオン、足、テレビ)
イラストパターンd1(刀、アコーディオン、足、テレビ)

例えば、パターンDでは「刀」や「アコーディオン」を始め、4枚の絵のイラストの全部を目で見たときにまるでカメラで撮影したかのように、そのイラストの絵を心に刻むように試してみてください。

そして、それらのイラストが最初の1枚目なのか最後の4枚目なのかも可能なら意識して覚えておくと、後で思い出すときに役立ちます。

次に、覚えるべきイラストDパターンで16枚の絵がありますが、その中でも似たものグループに関連づけて覚えるのも効果的だと思っています。

それは似たような形やヒントのイラストを一緒に覚えることで、記憶の効率が上がります。

例えば16枚の絵のイラストのヒントで「昆虫」とか「動物」が出てきます、パターンDではそれが「カブトムシ」と「馬」ですね。

また、自分で分かりやすい物語を作り出して覚える方法もおすすめです。イラストを見て、自由にストーリーを作り上げてみてください。

イラストバターンD2(カブトムシ・馬・カボチャ・包丁)
イラストバターンD2(カブトムシ・馬・カボチャ・包丁)

それでは、パターンDの「カブトムシ」と「馬」では
・カブトムシが馬に止まったとか
・カブトムシの昆虫探しに馬に乗ってでかけたとか

パターンDの「カボチャ」と「包丁」では
・カボチャを包丁で切ったとか
・カボチャを切るのに包丁を探したとか

そして、それらを何度も何度も繰り返し練習することが重要です。

毎日少しずつ練習を重ねることで、試験当日には自信を持って取り組むことができるでしょう。

この基本的な覚え方に加えて、次のセクションではより連想力を活かした覚え方のテクニックもご紹介します。楽しみながら覚えられると良いですね。

実践的な覚え方のテクニック:効果的な記憶方法

イラストバターンD3(筆・ヘリコプター・パイナップル・ズボン)
イラストバターンD3(筆・ヘリコプター・パイナップル・ズボン)

前のセクションで基本的な覚え方をお伝えしましたが、さらに具体的な記憶術もご紹介します。これらを活用すれば、認知機能検査のイラストパターンDをより効率的に覚えることができるでしょう。

連想テクニック

イラストを見た際に、それをあなたの日常生活や経験と結びつけて記憶する方法があります。

例えば、「カブトムシ」を覚える場合、イラストのヒントとして「昆虫」と関連付けて覚えると良いでしょう。このような方法は、記憶をより深く定着させるのに効果的です。

初回の回答ではヒントなしで「カブトムシ」と答えられるようになることが理想ですが、もしその問題の「カブトムシ」を思い出せなくても、2回目の回答ではヒントとして「昆虫」と書かれています。

したがって、ヒントが「昆虫」であることを答案用紙に書くと、「ああ、それはカブトムシだ」と思い出して書くことができます。

そのため、16個の「ヒント」も、時間が許すのであれば一緒に覚えておくことをおすすめします

特定の場所の設定

特定の場所を思い浮かべて、その中にイラストを配置するイメージを作り出す方法もあります。 今回は公園での散歩道を想定してみましょう。そして、その中にイラストを自由に配置してみてください。この方法は、時間の流れに沿って記憶を整理するのに助けになります。

例えば、パターンDのイラストを使って説明を続けてみましょう…。

イラストパターンD
ここでは、ズボンとヘリコプターをピックアップ
イラストパターンD
ここでは、カブトムシとカボチャをピックアップ
イラストパターンD
ここでは、スズメとヒマワリをピックアップ

私は「ズボン」姿で公園へ途中に空には「ヘリコプター」が、木には「スズメ」と「カブトムシ」を見つけて畑には「カボチャ」があって隅には「ひまわり」が咲いていたとか・・・

繰り返しのメソッド

簡単で効果的な方法として、何度も同じイラストを見るというものがあります。同じイラストを何度も見ることで、それが自然と記憶に定着します。寝る前やちょっとした空き時間に少しずつ試してみてください。

これらのテクニックを活用して、楽しみながら記憶力のトレーニングをしてみてください。初めは少々難しく感じるかもしれませんが、慣れてくると記憶力が徐々に向上することを実感できるでしょう。

次に、日常生活で実践できるトレーニング方法について見ていきましょう!

日常生活で認知機能を高める方法

イラストパターンD4(スズメ・ひまわり・ノコギリ・ソファー)
イラストパターンD4(スズメ・ひまわり・ノコギリ・ソファー)

認知機能検査の準備として、認知症テストとは直接的な関連はないものの、日常生活で行えるトレーニング方法はたくさんあります。

ここでは、高齢者だけでなくどなたでも簡単に取り入れられるいくつかの方法をご紹介します。

脳トレゲームやパズルを解く

脳を活性化するためには、脳トレゲームやパズルが最適です。間違い探しやクロスワードパズル、スマートフォンのアプリで楽しめる記憶ゲームなど、遊び感覚で脳を鍛えることができます。

これらの活動は、記憶力だけでなく、集中力や思考力を高めるのにも役立ちますので、ぜひ試してみてください。

新しいことにも挑戦する

新しいことを学ぶという行為は、脳を活性化する上で非常に良い刺激になります。新しい言語を学んだり、楽器を弾いたり、新たなレシピで料理を作ったりと、自分が好きなことで新しい挑戦をしてみることをおすすめします。

これにより、新しい知識を取り入れることで脳全体の健康状態が向上し、活性化することでしょう。

ウオーキングなど運動をする

身体を動かすことも、脳の健康維持に大変有益です。ウォーキング、ジョギング、ヨガなどの運動を日常生活に取り入れることをおすすめします。

運動を行うことで血流が良くなり、それが脳に良い影響を与えます。

これらの活動をライフスタイルに組み込むことで、認知能力の維持や向上に役立ちます。

そして、次回の認知能力テストの際には、自信を持って臨むことができるでしょう。一歩ずつでも構わないので、ぜひ挑戦してみてください。


認知機能検査イラストパターン一覧表でABCDの4パターン別に16枚の絵を覚える記事一覧です。↓

認知機能検査イラストパターン一覧表はこちらのサイトにまとめてあります。↓

認知症テストで絵の覚え方やイラストパターンが分かる記事一覧まとめたサイトです、詳細はこちらの記事をご覧ください。>>>

まとめ

  • 認知機能テストでイラストパターンDを紹介しました。
  • イラストを見た際、その絵を映像のように脳に焼き付けることを試みます。
  • イラストに付随するヒントも一緒に覚えてみましょう。
  • イラストを自分の日常生活に関連付けて、自分だけの物語を組み立ててみてください。
  • 脳を活性化させるために、ウォーキングなどの運動も取り入れてみましょう。
  • これらの方法が、あなたにとっての覚え方のヒントになれば幸いです。
  • 認知機能検査の合格点は36点以上となっていますので、落ち着いて臨めばきっと合格できるでしょう。

コメント