スポンサーリンク

降水量1mmとはどのくらい?傘はどうするゴルフやディズニーや登山は?

降水量1mm した
スポンサーリンク

「降水量1mm」とは、特定の場所に1平方メートルあたり1mmの高さの雨が降ったことを意味します。

この量は非常に少ないため、短時間であれば屋外イベントなどは中止にならずに済むかもしれません。

ただし、この程度の雨でも、もし継続時間が長ければ、地面が濡れて不快感を感じる場合もあり、そのために傘が必要になることもあります。

降水量が1mmの場合でも、傘を持つべきかどうかは、その降水がどの程度持続するかと、個人の見解や感受性によって判断は変わると思っています。

お出かけの時には天気予報をチェックすることは大事ですね。特に雨が予報されている日には、備えをしておくことが大切です。

雨が予報されていると聞くと、気分が憂鬱になるのはよくわかります。外出時に傘を持つかどうか、洋服や靴を雨に強いものにするかなど、その日の準備が変わってくるからです。

結局のところ、雨が予報されている日には、予報されている降水量だけでなく、その持続時間や降るタイプ(霧雨、にわか雨、継続的な小雨など)にも注意を払うことが重要です。

これらの情報を合わせて考えることで、果たして傘を持つ必要があるのか、予定しているイベントがどのように影響を受けるかをよりよく判断できるよう記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

降水量1mmとは

降水量1mmとは

気象用語における「降水量」は、もし雨が降ったときに地面に留まってしまい流れ出なかった場合の水の高さを指します。

この数値は、通常一時間毎の降雨量として報告されることが多く、1時間に集められた雨水が1mmの水深を形成する場合を指す数値が「降水量1mm」と表現されます。

実際には、気象庁では1mmを下回る雨量は計上されず、正確には1時間に1.0mm~1.9mmの降雨が「降水量1mm」として公表されます。

雨量を測るためには、特別な測定器が使用されます。これは転倒ます型雨量計といい、直径20cmの雨を受ける容器で測定を行います。

この雨量計は、気象庁によって0.5mmごとに計測する方式を取っていますので、降水量の計り方もそれに準じた単位となります。

降水量によって雨の強さを分類し、それぞれの雨量がどの程度の降り方をするのかについて、以下に一覧表を作成しました。

降水量 (mm)雨の強さ説明
1未満小雨地表がわずかに湿る程度の軽い降雨。 
1弱い雨細かく穏やかな雨が連続して降ります。
2弱い雨肌に触れる雨粒がはっきりと感じられる雨で、傘が必要。
(一般的な雨)
3~10普通の雨で、地面に水溜りが出来始める程度です。
 ・ちょっと強めの降雨
10~20やや強い雨かなり激しい雨で地面が大きく濡れ、歩いていても足元が濡れる程度です。 ・結構強い雨
20~30強い雨激しく降り注ぐ雨で、傘を差していても身体が濡れる雨です。
 ・猛烈な降り
30~50激しい雨非常に強い雨で、道路が川のようになることがあります。
 ・滝のような雨
50~80非常に激しい雨非常に激しく、傘を使ってもほぼ効果がないような降りです。
 ・記録的大雨
80以上猛烈な雨非常に危険な程の降雨量で、外部活動が制限されるレベルです。

1mmは、軽くて穏やかな、しかし継続的に降る雨と考えることができます。

天気予報では、3mm未満を「弱い雨」と分類していることが一般的です。この分類は、どれだけ外出に影響があるかを想像する際に役立ちます。

降水量の測り方は

日本全国には、降水量を含む気象データを記録するためのアメダス(自動気象データ収集システム)が約1,300ヶ所設置され、それぞれの地点で降水だけでなく気温や風速の測定も行っています。

意外かもしれませんが、実際のところ、このような転倒ます型雨量計は、個人での購入が可能です。

個人で気象観測に興味がある方だけでなく、ネットで気軽に購入が可能であるという事はチョット興味深い思っていますね。

降水量1mmの時は傘はどうする?

降水量1mmの時は傘はどうする?

踏まえた上で行動計画を練ると、もし予報で降水量1mmの可能性がある場合、携帯用の傘をお持ちになることが賢明です。

初めは晴れていても、微細な霧雨である降水量1mmが予測されていたら、コンパクトな傘を手にしておくことが安全策と言えるでしょう。

微小ながらも継続する降雨では外出が長引くと徐々に衣服が濡れる可能性があり、しかし短い距離ならば傘を必要としないこともあります。

例えば、最寄りのコンビニまでなら、傘なしで急ぐこともできる軽い雨の量です。 通行人の間ではこの程度の雨なら半数が傘を差さずにいるかもしれません。

ですが、降水量1mmの予報を見てすぐに傘が不要と判断するのはちょっと考えものです。

実は「1mmの雨」と予報された場合、その量は実際には1mmから1.9mmの範囲ということを念頭に置いてください。

降水量1.9mmでは、雨脚がしっかりしており、もはやほとんどの人が傘を差したくなるような降りに変わります。

そうした背景を考えれば、1mmの予報時でも実際には傘をささざるを得ない2mmに迫る可能性もあるわけです。

そのため、1mmの降水予報があるときは、外出の際には傘があると良いでしょう。 折り畳み傘をひとつ持っていれば、どんな天候にも対応できて心強いです。

降水量1mmの時はゴルフやディズニーや登山はどうする?

降水量1mmでは、雨具を使用しないで外出する人もいるのは確かです。この程度の雨なら、多くのレジャー活動が予定通り行える可能性があります。

たとえば、屋外でのピクニックやハイキングは、カッパや雨に強い服装を準備すれば楽しむことが可能です。

また、屋根がある屋外スペースや木陰での過ごし方を考えれば、急な雨が降っても比較的安心です。

屋外イベントやコンサートの場合は、主催者側が天候に応じた対策をしていることも多いですが、個人的な準備としてはポンチョや折りたたみ傘を持参すると安心でしょう。

アウトドアスポーツの場合、1mmの降水量ならば、ゲームは中断することなく進行することが多いです。

ただ、滑りやすい状態になるので、プレーには注意が必要になります。

一方で、屋内アクティビティの場合は、天候に影響されずに予定を立てやすいです。映画館やミュージアム、ショッピングモールなどは、屋内で楽しめるため、降水量1mmの日に適しています。

せっかくのお出かけの予定が雨で悩むことはありますが、事前の準備と柔軟性があれば、懸念される天気でも楽しい時間を過ごせることでしょう。

もちろん、最終的にはその日の天気や積極的に活動したい気持ちによって、どのレジャーを選択するかが決まります。

降水量1mmによる登山やキャップの対応は

経験の浅いキャンパーやハイカーにとっては、怪我のリスクを考慮し、雨天時は活動を控えるか、日程の変更を検討することが賢明です。

降水量1mmの天候下でのキャンプや登山は、果たして初心者には適しているのでしょうか。山では天気が予測不可能で、急に悪化することもありますので、たとえ予報上わずかな降水量であっても、大雨へと変わるリスクを考慮する必要があります。

微細な雨であっても、視界が遮られたり、地面が滑りやすくなったりと、アウトドアアクティビティの危険性は高まります。

雨がもたらす自然の風情――雨音や濡れた植物、霧が交じりあう景観などは、その特有の美しさがあり、一部のアウトドア愛好者にとっては、雨中での活動が魅力的な経験となります。

しかし、こうした環境を楽しむには適切な装備と経験が必要です。

雨具、防水性の高いテントやバックパック、滑りにくい靴など、雨天対策のアイテムを揃え、更にはその使用方法に習熟していることも大切です。

経験豊富なアウトドア愛好者と共に行動することも、より安全を確保する一つの手段です。

さて、雨天のアウトドアを楽しむときは、行動計画を慎重に立てることが何よりも重要です。

既に経験したコースやよく知るキャンプ場を選択し、環境に応じた行動ができるように準備を整えることを心掛けてください。

雨中の山や森の中では、美しさとともに危険も潜んでいますので、常に安全を第一に考えたアウトドア活動を心掛けましょう。

降水量1mmによるゴルフは?

そうですね、降水量1mmであれば、ゴルフは通常通りプレイ可能です。

この程度の降水量では、多くのゴルフプレイヤーはさほど影響を感じずにラウンドを続けることができるでしょう。

もちろん、個人の快適さやプレイスタイルによりますが、傘やレインウエアが必要でない場合もあります。

ゴルフコースには時々排水システムもあるため、わずかな雨ならコースはすぐに乾きます。

ボールの飛距離や回転にわずかな影響を及ぼす可能性はありますが、それはプレイヤーが適応しやすい範囲内です。

降水量が2~3mmになると、プレイの快適性を保つためにレインウエアや傘などが必要になるでしょう。

雨具を準備しておくことで、予期せぬ天候の変化にも対応でき、ゴルフを楽しむことができます。

ただし、雷雨が伴う場合や視界を著しく妨げるような悪条件では、安全第一でプレイを中断する判断が賢明です。

安全はどのスポーツにおいても最優先されるべき事項です。

降水量1mmによる運動会は?

運動会のような大イベントの開催は、確かに天候に左右されやすいですね。

降水量1mmというのは比較的軽微な雨量であり、多くの場合運動会を開催する上での障害にはなりにくいですが、いくつかの条件には細心の注意を払う必要があります。

まず、グラウンドの状態は非常に重要です。

もし前日までの雨でグラウンドが濡れている、特にぬかるんでいる場合は、生徒や参加者の安全を考えて、開催を見送るか、延期を検討する必要があるかもしれません。

参加者が怪我をしないように適切な判断をすることが大切です。

一方で、運動会当日に突然1mmの雨が降り始めた場合、そのまま行事を続けることも可能です。

プログラムを短縮したり、一部のイベントをカットしたりして、むしろ雨の中でのユニークな体験として楽しむこともできるでしょう。

ただし、小さい子どもたちがいる場合は体温の低下に注意し、風邪を引かせないよう配慮が必要です。

風が強くなったり、雷が伴うなどの悪天候の場合、速やかに安全な場所に避難し、イベントを中止するか延期する判断が適切となります。安全は何よりも優先されるべきです。

参加者の快適性を考慮して、レジャー活動の際は自分の手を開放しておくことができるレインコートがおすすめです。

子どもたちも両手を自由に使えるため、運動会でのさまざまな活動に集中することができます。

また、イベントの開催可否は雨の状態だけでなく、グラウンドの状況、天気予報、予備日の有無など、複数の要素を考慮して総合的に判断されるべきでしょう。

降水量が1mmの時の雪はどれくらい積もる?

降水量が1mmの小雪

外気温が0°Cの場合、1mmの降水量はおおよそ1cmの新雪に相当するとされていますが、これは標準的な比率です。

雪の降る量を計測する際は、確かに「降水量」と「積雪量」の両方が重要な指標です。

降水量は雨や雪の形で降った水分の量を指します。これは全ての水分が液体の形存在した場合の量です。雪の場合、降水量は溶けた時の水の量として測定されます。

測定は、例えば温められた「転倒ます型雨量計」などを使用して、雪を溶かしてから行います。

一方、積雪量は地面に積もった雪の厚さを指し、これは直接的に雪が積もる様子を測ることによって得られます。紹介された通り、レーザーなどの光学的な方法で測定されることが一般的です。

雪の場合、1mmの降水量がどのように積雪量に変換されるかは、測定される地域の気温や雪の質、すなわち水に溶ける時の雪の密度に基づきます。

実際には雪がどれだけフワフワしているか(雪の水分含有量)、気温が何度かによっても変わります。

たとえば、北海道では雪が軽くてサラサラしているため、1mmの降水量で2cm以上の積雪があることがあります。

雪が降り続けている時間と降水量を単純に掛け合わせて積雪量を予測することは難しいです。

これは雪の自重による沈み込みや、気温の変動による解け方、地熱や周囲の建物などからの熱影響など、多くの要因による影響を受けるからです。

そんな訳で雪の降水量はその地域の気候条件や雪質によって異なるため、一概に言えない部分が多いのです。

降水量1mmのまとめ

  • 降水量1mmとは、1時間にわたって1mmの雨が降るということです。これは、雨の量を表す単位の一つです。
  • 降水量1mmの雨では傘をささない人もいるが、雨の強さは予測できないため、傘を携帯することをオススメします。
  • 降水量1mmの予報でも雨の強さは変動する可能性があり、傘を持っている方が安全ですね。
  • ディズニーランドでは、降水量1mmでも楽しむことができます。ただし、雨具や傘を携帯すると安心して過ごせます。
  • 登山やキャンプは降水量1mmでも可能ですが、安全に留意する必要があります。
  • ゴルフは降水量1mmでもプレー可能であり、軽い雨程度ならば傘を用意する程度で問題ありません。
  • 雪の場合、降水量1mmは積雪1cmに相当します。
した
スポンサーリンク
シェアする
ゆうがをフォローする
ゆうがのお散歩道

コメント