タグ:高齢者講習

ホームPage 1 / 11

高齢者講習の内容は?予約から受講終了までの体験記

運転免許
高齢者講習受講札

70歳以上の方は高齢者講習を受講しないと
運転免許証の更新はできません。

3年後の免許更新の時期には
毎回この高齢者講習を受講することになりますね。

免許証が優良運転者でゴールドであっても
70歳以上は5年間でなく3年の期間となります。

今回は私が体験した予約から受講終了までの
流れについてまとめてみました。

高齢者講習(70歳~74歳)のお知らせは
更新期間満了の6ヶ月前までに
ハガキで郵送されます。

それと

75歳以上の方には
認知機能検査通知書のお知らせの
ハガキが先に届きます

認知機能検査のイラストバターン等の
テストを受けてから改めて別の日に
高齢者講習を受講するようになります。

免許更新までの流れとしては

認知機能検査(75歳以上の方)

高齢者講習の予約(70歳以上の方)

高齢者講習の受講

高齢者講習終了証明書

運転免許証更新のお知らせ(ハガキ)

免許センター・警察署で免許更新

高齢者講習の予約

高齢者講習のお知らせのハガキ(70歳~74歳)
が届いたらすぐに自動車学校(教習所)に
予約をしましょう!

高齢者講習の予約はいつからできるのか?

講習のお知らせのハガキに
受講期間が書かれているので
そこをすぐに確認してください。

更新期間満了日の約190日前くらに届きます。

例として

誕生日が12月3日の場合ですと
運転免許証の更新手続きができる期間は
11月3日~1月3日となりますので

高齢者講習の受講期間は
免許証有効期間満了する日の
6ヶ月前からですので、

7月3日~翌年の1月3日となります。

お知らせのハガキは多分
6月の25日頃には届くでしょう、

すなわち

受講期間の始まる
少し前にお知らせが届くことになりますね。

ですから
すぐ予約をして日程を確保してください。

高齢者講習の予約がとれない

受講期間は半年もあるので
まだいいやと思っていてはダメですよ!

初めての高齢者講習の時は
しばらくまだいいや

と思って

誕生日の1ヶ月くらい前に
友達から
すぐ予約しないとダメだよと促され

あわてて予約したら
何とか1ヶ月過ぎには
受講することができてホッとしたね。

予約時期によっては2~3ヶ月も
予約一杯で取れないこともありますし、
仮にとれたとしても

近くの教習所でなく
遠方まで行った方も知っています。

なかには忘れておって
運転免許更新のお知らせのハガキが届くと

そこには
更新手続き前に
「高齢者講習」を受講してください。

と書かれています。

そこで気がついて

このハガキを受け取ってからだと
もう2ヶ月しかありませんので

予約状況によっては
運転免許更新の手続き期間内に
できないことが予想されます。

そんな訳で

せっかくの運転免許証を
失効させないようにしましょう。

特に75歳以上の方は
高齢者講習の前に
認知機能検査を受け手から、

改めて別の日に
高齢者講習を受講するので
予約状況に寄っては

免許更新の手続き期間に
間に合わない最悪の事態は
避けなくてはなりませんね。

そんな訳で

後期高齢者の75歳以上の方は
認知機能検査のお知らせが届いたら

早速
その日のうちに予約をお勧めします。

高齢者講習の実技や内容とは

予約日の午後の講習でしたので
受付開始時間が1時40分~1時55分でした。

受付を済まして
ロビーしばし待機です。

開講時間15分位前に
講師の先生が名前を呼んで
受講者を確認してら教室まで移動でした。

今日は大勢ですね言ったんですが
8名ですよ

えっ

これで大勢なの
僕はたったの8名なのかと
思っていたのでね。

高齢者講習室

講義室では

●講習時間は2時間(2時10分~4時10分)
教科書の中の2ヵ所のポイントのみの講義でした。

ポイント1、加齢が及ぼす運転への影響
①静止視力と動体視力
②視野
③夜間視力
④明度の差
⑤順応と眩惑(げんわく)

ポイント2、高齢者講習と認知機能検査

高齢者講習の概要です。

運転免許更新の概要

70~74歳の方と
75歳以上で認知機能検査が76点以上の方は

高齢者講習が2時間で料金は5,100円です、
講習内容は同じです。

これに該当しない75歳以上の高齢者は
上図見ていただければわかりますが
高齢者講習が3時間となり、
料金は7,950と割高になります。

75歳以上の方は
高齢者講習を受ける前に
最初に認知機能検査を受け手から

改めて別の日を予約して
講習を受けますが

私が予約した時は7月の中旬でしたが
これも1ヶ月以上先になりますた。

認知機能検査のイラストの覚え方の
私の体験談ですが、
こちらにまとめてみました。

これを見れば
必ず76点以上で合格できるので
良かったら参考にしてください。

認知機能検査のイラストの覚え方【実体験】

この2点の講義をあとは
高齢者講習の視力検査として
静止視力と動体視力の検査を行いました。

この結果はあくまでも参考視力としてであり
免許更新時の視力検査は改めでその時やりますよ。

免許更新時の視力検査

そして視野測定検査を行いました。

視野測定検査

測定の検査結果票は各自に渡されまいした。

測定の検査結果票

このあとは
一人ずく実技講習となります。

高齢者講習の実技の内容

ペーバードライバーであっても
脱輪しても
女性の方で普段の車と違うので
自信がないといっていた方もいましたが、

講習であって
試験ではないので
その点は安心してやってください。

前回の初回の時の実技講習では

3人が同時に車に乗って
1人が運転し後の2人は
後部席で同乗でした。

今回は1人づつ呼ばれて
教習所内のコースでの運転でした。

運転時間は概ね10分間位でしたね。

教官の指示に従い
コースを廻りますが、
S時、クランク、車庫入れとありました。

あとは

信号に従って走行しているか
一時停止の標識を確認して
停止線で確実にタイヤが止まっているか、

一時停止では
自分では止まっているつもりでも
タイヤが少し動いている場合があるので

一時停止線ではブレーキを踏んで
左右を確認して
一呼吸してからの発進しましょう。

カーブでの走りがスムーズであるか位でしょうか、

スピードある状態でてカープに入ったら
教官が補助ブレーキをそれとなく踏んでくれましたね。

先にも申し上げましたが

試験ではないので
緊張することなく
リラックスして楽しめばいいかなと感じました。

以上が終われば
講習室に戻って
高齢者講習修了証明書が渡されます。

高齢者講習修了証明書

この証明書は
免許更新の時に必要な持ち物となりますので
大切にそれまでは保管しておきましょう。

ここまで

概ね2時間で終了となりました。
お疲れ様でした。

まとめ

  • 高齢者講習の予約は通知がきたら
    すぐに予約しましょう。
  • 74歳までの方と75歳以上で
    認知症機能検査が76点以上の方は
    高齢者講習は2時間です。
  • 75歳以上の方は
    先に認知症機能検査を受けたからになります。
  • 講習室で教材と視力検査等
    実技は教習所コース内の運転で
    全員が修了証明書がもらえます。
  • 高齢者講習は3年ごとに毎回受講する必要があります。
ホームPage 1 / 11