PR
スポンサーリンク

新札になれば旧札どうなる?旧札を新札に変える方法とその手数料と必要な手続き!

新札になれば旧札どうなる した
スポンサーリンク

新しいお札が出ても、前のお札はまだ使えます。でも、新しいお札に替えた方がいいかもしれません。

新しいお札が出てから時間が経つと、お金を数える機械で使えなかったり、偽物だと疑われて時間がかかることもあるからです。だから、新しいお札に替えておくと、心配なく使えます。

この記事では、次のことがわかります。

  • 新しいお札が出たら、前のお札はどうなるの?
  • 新しいお札が出る理由は何?
  • 前のお札から新しいお札に替える方法
  • 家にあるお札も、新しいものに替えておくと、困らなくてすみますよ。

お札はだいたい20年ごとに新しくなります。新しいお札に変わる理由や、前のお札と何が違うのかなど、お札についての情報をお伝えします。

ぜひ、この記事を読んで、「新しいお札が出たら、前のお札はどうなるんだろう」という疑問を解決してくださいね。

スポンサーリンク

新札になれば旧札どうなる?

新しいお札が出たら、古いお札はどうなるのかな?って思うことがあるよね。でも、大丈夫です!新しいお札が出ても、古いお札は今まで通り使えますよ。

たとえば、1万円のお札は、新しいお札が出ても、価値が下がることなく、1万円として使えるから安心してね。

これから、新しいお札が出たら古いお札はどうなるのか、もっと詳しく話していくね。

新しいお札が出ると、それに関連した悪い人たちの詐欺が増えることもあるから、気をつけよう!

新しいお札が出たら何が変わるの?

新しいお札が出ても、古いお札は使えるから、特に大きな変化はないんだよ。

新しいお札が出た後、古いお札はいつまで使えるのかなって思うかもしれないけど、古いお札に使用期限はないんだ。めちゃくちゃ古い明治18年に出たお札も今でも使えるんだよ。

古いお札は、新しいお札に交換しないとダメ?って心配するかもしれないけど、そんなことはないから安心してね。

財務省のホームページには、今はもう発行されていないけど使える18種類のお札が紹介されているよ。

ただ、政府が特別なことをした場合は、古いお札が使えなくなることもあるから、その点は注意してね。

新しいお札が出ると、しばらくは古いお札と混在して使われるけど、徐々に変わっていくイメージを持っておいて。

古いお札が使えない!?注意したい場面

新しいお札が出ても、古いお札は今まで通り使えるけど、自動販売機などで使えない場合があるよ。

自販機で「新500円玉は使えません」という表示を見たことがあるよね?

チケット売り場やお店のレジも、徐々に新しいお札に対応した機械に変わっていくから、古いお札が使えない機械が出てくるかもしれないね。

その逆で、新しいお札に対応していない機械もあるから、事前に調べておくと良いかもね。

新しいお札が出ると起こりがちな詐欺

新しいお札が出ると、「振り込め詐欺」のような悪い人たちの詐欺が起きやすくなることもあるんだ。

財務省も注意している「振り込め詐欺」には、例えば「新しいお札が出るから、古いお札の価値が下がるよ。

だから安く買い取るよ」と言って、実際より安く買い取ろうとする人や、「古いお札はもう使えなくなるから、交換するために回収します」と言ってお金を振り込ませようとする人がいるんだ。

でも、新しいお札が出ても、古いお札は今まで通り使えるし、1万円は1万円のままだから、価値が変わることはないよ。

事前に知っておけば、このような詐欺に気をつけられるから、周りの人にも教えてあげてね。もしもおかしいと思ったら、近くの警察に相談してみよう。

新しい紙幣の導入と旧紙幣の扱いについて

新しい紙幣が登場すると、どうなるのでしょうか?新しいデザインの導入の理由は何でしょう?

新しい紙幣は、約20年ごとに更新されることが多く、その主な目的は偽造を防ぐためです。

旧紙幣は新たに印刷されることはありませんが、引き続き利用することができます。 紙幣のデザインには、偽造を防ぐための様々な技術が用いられています。

また、視覚障害者に配慮したユニバーサルデザインの採用も新しい紙幣の特徴の一つです。

新しい紙幣に採用された偽造防止技術や、新旧の紙幣の違いについて見ていきましょう。

日本が誇る最先端技術がどのように活用されているのか、詳しく解説していきます。

日本独自の先進技術による偽造防止策

新しい紙幣には、どのような特徴があるのでしょうか?

新しい紙幣には、ホログラム技術など、世界で初めて紙幣に採用された偽造防止技術が含まれています。

これらの技術は、約20年ごとの更新で常に最新のものに更新され、偽造を一層困難にしています。 新しい技術の導入例には、以下のようなものがあります。

  • すかし
    従来のすかしに加えて、より高精細な模様が導入されています。
  • ホログラム
    紙幣に初めて採用された技術で、角度によって3Dの肖像画が回転するように見えます。
  • 記番号
    数字の桁数が増え、さらに複雑化しています。 これらの技術は、実際に新しい紙幣を手に取って見るのが楽しみですね。旧紙幣と比較してみるのも面白いでしょう。

ユニバーサルデザインの採用

新旧紙幣の違いとして、特に注目したいのがユニバーサルデザインの導入です。

ユニバーサルデザインとは、誰もが使いやすいように配慮されたデザインのことで、新しい紙幣には以下のような工夫がされています。

  • 触感で紙幣の額を識別できるよう、特徴的なマークの形状や配置を変更しています。
  • 金額を紙幣の表裏に大きく表示し、視認性を向上させています。
  • ホログラムやすかしの位置を金額ごとに変えることで、識別を容易にしています。

これらの工夫により、視覚障害がある方や高齢の方でも、紙幣を使いやすくなっています。新しい紙幣を手に取った際には、ぜひこれらの点にも注目してみてください。

新紙幣の肖像と選定基準

新しい日本の紙幣のデザインが変更されたことは、文化的にも経済的にも重要な出来事です。

新しいデザインを採用することで、国はその歴史や成果を称え、また、セキュリティの向上や偽造防止技術の導入も図られます。

こちらが新旧の紙幣のデザイン比較です。

  • 1万円札:
    • 新札の表
      渋沢栄一が描かれています。渋沢栄一は日本の資本主義の父とも称され、多くの企業の設立に関わった人物です。
    • 旧札の表
      福沢諭吉が描かれていました。福沢諭吉は、慶応義塾の創設者であり、近代日本の啓蒙思想家として知られています。
    • 新札の裏
      東京駅(丸の内駅舎)が描かれています。これは、日本の近代化と発展を象徴する建築物です。
    • 旧札の裏
      鳳凰像が描かれていました。鳳凰は、平和や繁栄の象徴とされています。
  • 5千円札
    • 新札の表
      津田梅子が描かれています。津田梅子は、日本初の女性留学生として知られ、女性教育の先駆者です。
    • 旧札の表
      樋口一葉が描かれていました。樋口一葉は、明治時代を代表する女性小説家です。
    • 新札の裏
      フジ(藤)が描かれています。藤は日本の自然美と文化を象徴する花です。
    • 旧札の裏
      燕子花図が描かれていました。これは、日本の伝統的な美を表現する図柄です。
  • 千円札
    • 新札の表
      北里柴三郎が描かれています。北里柴三郎は、日本の医学者で、ペスト菌の発見者の一人です。
    • 旧札の表
      野口英世が描かれていました。野口英世は、細菌学者であり、黄熱病の研究で知られています。
    • 新札の裏
      富嶽三十六景が描かれています。これは、葛飾北斎の代表作であり、日本の風景画として世界的に有名です。
    • 旧札の裏
      富士山と桜が描かれていました。これは、日本の自然美を象徴する風景です。

新しい紙幣のデザインは、それぞれの分野で貢献した人物や、日本の文化・自然を象徴する図案が選ばれており、日本のアイデンティティと進歩を反映しています。

以下に、新旧の紙幣デザインを表にまとめました。

紙幣新札(表)旧札(表)新札(裏)旧札(裏)
1万円渋沢栄一福沢諭吉東京駅(丸の内駅舎)鳳凰像
5千円津田梅子樋口一葉フジ(藤)燕子花図
千円北里柴三郎野口英世富嶽三十六景富士山と桜

この表から、新しい紙幣は、日本の近代化や文化、自然美を象徴する人物や図案に更新されたことがわかります。

紙幣に描かれる人物はどのように選ばれるのでしょうか?

財務省によると、紙幣に描かれる人物の選定基準は以下の通りです。

  1. 精密な写真が存在すること。
  2. 品格があり、紙幣にふさわしい人物であること。
  3. 国民に広く知られ、その業績が認められていること。
  4. 明治以降の人物で、上記の全条件を満たしていること。

今回新紙幣に選ばれた人物も、これらの基準を満たした日本の発展に貢献した人物です。

新しい紙幣を手に取る際には、その背景にある歴史や人物の業績にも思いを馳せてみると良いでしょう。

新しい紙幣への更新:なぜ旧紙幣を交換すべきかとその方法

新しい紙幣が発行されると、旧紙幣はどうすれば良いのでしょうか?そのまま使い続けても問題ないのか、それとも交換した方が良いのでしょうか?

新しい紙幣の発行後も、旧紙幣は依然として使えるものの、交換しておくことで将来的にスムーズに取引が行えるようになります。

自宅で保管している現金も、交換しておくことをお勧めします!

新しい紙幣への交換が推奨される主な理由は、今後の現金支払いをよりスムーズに行うためです。

以下では、新しい紙幣への交換が推奨される理由と、その方法について詳しくご説明します。

旧紙幣を新しい紙幣に交換すべき理由

新しい紙幣への交換が推奨される理由は、自動販売機などで旧紙幣が使えなくなる可能性があるためです。

  • 自動販売機や精算機、店頭のレジなどで、旧紙幣を受け付けない機器が登場する可能性があります。
  • 店舗によっては、偽札対策として旧紙幣の支払いを拒否することがあります。
  • 時間が経つにつれて、旧紙幣での支払いが偽札と疑われることもあります。

旧紙幣は使用できますが、対応していない機器に遭遇した場合、支払いが困難になります。

さらに、時間経過により、旧紙幣での支払いが疑われることで手間がかかる場合もあります。

自宅で管理している紙幣を交換しておけば、緊急時や相続の際に困ることがありません。

もし、親や祖父母が自宅で現金を保管している場合は、交換を検討することをお勧めします。

旧紙幣から新しい紙幣への交換方法:3つのオプション

旧紙幣から新しい紙幣への交換方法には、主に3つの方法があります。

  • 銀行の窓口
  • 両替機
  • ATM

それぞれの交換方法について、詳しく見ていきましょう。

事前に注意すべき点も紹介しますので、スムーズに交換が行えますよ。

【銀行の窓口】銀行員が直接対応します!

旧紙幣から新しい紙幣への交換は、銀行の窓口でも行うことができます。

銀行では「両替依頼書」に金額や枚数等を記入し、旧紙幣と共に窓口に提出します。

何か不明な点があれば、直接銀行員に質問できるので安心です。

多くの銀行では、以下のようなパターンで手数料が発生する場合があります。

紙幣の枚数口座を持っている場合の手数料口座を持っていない場合の手数料
1枚~10枚無料有料
11枚以上有料有料
銀行の窓口で両替した場合の手数料

両替に関する手数料は銀行によって異なりますので、事前に確認することが重要です。

また、紙幣の枚数が多い場合は、両替を希望する銀行に事前に相談しておくことで、手続きをスムーズに進めることができます。

ただし、日本銀行やゆうちょ銀行では、窓口での両替サービスを行っていないため、これらの銀行で両替を希望する場合は他の方法を検討する必要があります。

他の金融機関や両替専門店などを利用することになるでしょう。

両替に際しては、手数料の有無や金額、必要な手続きなどを事前にしっかりと確認し、計画的に行動することが大切です。

両替機を利用して新札への両替を行う場合

以下の手順に従ってください。

  1. 両替機にアクセス: 銀行のATMコーナーに設置されている両替機を見つけてください。
  2. 旧札を挿入: 両替したい旧札を両替機に挿入します。
  3. 両替したい紙幣や種類を選択: 画面に表示される指示に従って、両替したい新札の紙幣や種類をタッチして選択します。
  4. 操作指示に従う: 画面に表示される操作指示に従って、必要な手続きを完了させます。

注意点:

  • キャッシュカードが必要: 両替機を使用する場合、その銀行のキャッシュカードが必要になることがあります。このカードを使って本人確認や操作の認証を行います。
  • 両替機カードの利用: 枚数が多い場合や特定の条件下では、両替機カードに現金をチャージし、そのカードを使用して両替を行う必要があることがあります。

    この場合、手数料の支払いも必要になることがあります。

事前に両替したい銀行の具体的な規則や手数料について確認しておくと、スムーズに両替を行うことができます。

また、両替時の手数料や必要な手続きについても、事前によく確認しておきましょう。

紙幣枚数キャッシュカードでの手数料両替機カードでの手数料
1枚~10枚無料1回目: 無料 / 2回目以降: 300円
11枚~500枚利用できない400~500円
両替機で両替した場合の手数料

銀行ごとに手数料が異なるため、両替を行う前には必ず事前に確認しておくことが重要です。これにより、予期せぬ手数料で困ることがなくなります。

また、両替機を使用する際には、1度に両替できる紙幣の枚数に上限があります。

その上限は1000枚までとされているため、それを超える枚数を両替したい場合は、分けて両替するか、他の方法を考慮する必要があります。

このような制限や手数料に関する情報は、銀行のウェブサイトや直接窓口での確認を通じて得ることができます。

事前の準備と確認を怠らずに行うことで、スムーズで効率的な両替が可能になります。

ATMを利用した両替方法と注意点

両替方法:

  1. ATMに旧札を入金します。
  2. 入金した金額を再度引き出し、この際に新札への両替を希望します。

注意点:

  • 手数料: キャッシュカードの種類、時間帯、ATMが設置されている場所によって手数料が異なります。一般的には、この方法での両替は比較的安い手数料で行うことができます。
  • 両替のタイミング: 両替を行うタイミングによっては、再度旧札が出てくる可能性があります。新札が必要な場合は、ATMの状況を確認するか、銀行員に相談すると良いでしょう。
  • 両替可能枚数: 一度に多くの旧札から新札への両替はできません。大量の両替が必要な場合は、分割して行うか、他の方法を検討する必要があります。

この方法は、外出先で旧札が使用できずに困ったときに役立つ裏技として覚えておくと良いでしょう。ただし、事前に手数料や両替の可能性について確認しておくと、よりスムーズに対応できます。

まとめ

  • 新しいお札が発行されても、今までのお札は引き続き使用可能です。
  • 新しいお札に交換することをお勧めしますが、古いお札に使用期限は設けられていません。
  • 自動販売機など、古いお札が使えなくなる場合があるので注意が必要です。
  • 新しいお札の発行に伴い、「振り込め詐欺」などの詐欺に注意が必要です。
  • 新しいお札は約20年ごとに更新され、偽造防止のための最新技術が取り入れられています。
  • 紙幣に描かれる人物は、偽装防止のための精密な写真が使われ、その業績が国民に認められています。
  • 旧札から新札への両替方法には、銀行の窓口、両替機、ATMがあります。
  • 身近な高齢者が旧札の扱いについて心配していたら、この情報を振り込め詐欺の情報と合わせて伝えてあげてください。
  • キャッシュレス決済が普及している今、紙幣を保管しておくのも一つの選択です。
  • 紙幣を知らない世代の子どもたちに、「昔はこんなお札だった」と教えることで、思い出を共有するのも良いでしょう。

コメント