PR
スポンサーリンク

卵が賞味期限切れで1ヶ月すぎたが大丈夫?賞味期限や正しい保存法は?

卵が賞味期限切れ1ヶ月 した
スポンサーリンク

最近、卵の値段がどんどん上がっていますが、卵は私たちの食事にとって大切なものですね。卵は栄養がたくさんあって、料理にも使いやすいです。

卵が賞味期限切れで1ヶ月すぎたも大丈夫で食べれますよ!

でも、賞味期限が過ぎてしまった卵を見つけた時、どうしたらいいか実は迷うことがありますよね。

賞味期限が過ぎたからといって、すぐにダメになるわけではありません。実は、賞味期限を過ぎてからもある程度の期間、卵を食べることができるんです。

この記事では、賞味期限が過ぎた卵をいつまで食べられるのか、そして、卵を安全に食べるための方法や正しい保管方法についてお話しします。

スポンサーリンク

卵の賞味期限切れ1ヶ月はOK

卵を料理に使うことは毎日のことかもしれませんが、使おうと思ったら賞味期限が一ヶ月も過ぎていた、なんて経験はありませんか?

賞味期限が過ぎたら、すぐに悪くなってしまうと思って捨ててしまう人もいるかもしれません。

でも、実は卵は賞味期限が一ヶ月過ぎても、冷蔵庫できちんと保管してあれば、加熱すれば食べることができるんですよ。

卵の殻には、菌から守る力があります。研究によると、「常温で2ヶ月」「冷蔵庫で4ヶ月」まで持つことが分かっています。

ですが、賞味期限が過ぎた卵は、新鮮さや味が落ちています。だから、加熱して料理に使い、なるべく早めに食べるのがおすすめです。

卵とサルモネラ菌のつながりについて

卵の殻は、菌から身を守るすごい力があるんです。でも、とてもまれに、豚や牛、鶏、そして人のお腹の中にいる「サルモネラ菌」という菌がついていることがあります。

この菌によって、吐き気やお腹がとても痛くなったり、下痢や熱が出ることがあります。特に、免疫力がまだ強くない子どもやお年寄りは、病気が重くなりがちで、治るのも遅くなることがあります。

サルモネラ菌が体の中に入ってから病気が出るまで、8時間から48時間かかることがわかっていますが、3日や4日経ってから症状が出ることもあります。

スーパーで売っている卵は、しっかりと殺菌してから出荷されています。でも、とても少ない確率ですが、サルモネラ菌がついていることがあります。その確率は、10万個に3個ぐらいです。

卵が汚染される主な原因は、買ってからの調理や保管の仕方が適切でないことです。

卵を選ぶときは、きれいで新鮮なものを選び、買ったら10℃以下の冷蔵庫で保管して、賞味期限を守りましょう。

サルモネラ菌は、70℃で1分以上加熱すると死んでしまいます。

心配なときは、卵をしっかり加熱して使い、ヒビが入った卵は食べずに捨てましょう。

卵の賞味期限を判断する方法について

卵を生で食べるとき、季節によって食べられる期間が違うんです。ここでいう「生で食べられる期間」とは、卵が産まれてからどれくらいの期間なら安全に生で食べられるかということです。

  • 春(4月から6月)と秋(10月から11月)は、卵が産まれてから25日以内なら生で食べられます。
  • 夏(7月から9月)は、ちょっと短くて16日以内です。
  • 冬(12月から3月)は、一番長くて57日以内になります。

特に夏は、生で食べられる期間が短いんです。それは、サルモネラ菌という菌が関係しています。

この菌は、20度から40度くらいの温度で元気になりやすいので、夏の暑い時期には卵の中で増えやすくなるんです。だから、夏は生で食べられる期間を短くしているんですね。

卵のパッケージに書いてある賞味期限も、卵が生で食べられる期間を考えて、安全を最優先に短めに設定されています。

だいたい、卵が産まれてから2~3週間くらいが平均的な賞味期限です。

夏には特に短い賞味期限を設定することが多いですが、冬は温度が低くて卵が長持ちしやすいので、賞味期限を過ぎても安全に食べられることがあるそうですよ。

消費期限と賞味期限、どう違うの?

食品を買うとき、パッケージに「消費期限」と「賞味期限」という言葉が書かれているのを見たことがありますよね。

これらの違いって何だろう?と思う人もいるかもしれません。そこで、この2つの違いについて簡単に説明しますね!

まず、「消費期限」とは、その食品を安全に食べられる最後の日付を指します。

この日を過ぎると、食品が腐る可能性が高くなり、食べるのは避けた方がいいです。つまり、安全性に直結しているんです。

一方、「賞味期限」は、食品が最も美味しく食べられる期間を示しています。

賞味期限を過ぎてもすぐに危険になるわけではありませんが、味や風味が落ちてくる可能性があります。だから、品質の面で考えられているんですね。

簡単に言うと、消費期限は「食べても大丈夫か」、賞味期限は「美味しく食べられるか」を示していると考えると分かりやすいかもしれません。

食品を無駄にしないためにも、これらの違いをしっかり理解して、賢く食品を選び、使い切りましょう!

卵には賞味期限と消費期限のどちらが表示される?

スーパーで販売されているパックの卵には「賞味期限」がついています。

これは、その期限までなら「卵かけご飯」などで美味しく食べられるということを意味しています。

しかし、賞味期限を過ぎた卵は、菌が繁殖したり、臭いが出たりする危険があり、品質も落ちています。

そのため、賞味期限が過ぎた卵は生で食べるのではなく、しっかり火を通してから食べるようにしてください。

例えば、生で食べるのではなく、スクランブルエッグやオムレツなどにして食べるのがおすすめです。

卵の正しい保存方法は?

パック卵の適切な保管方法について

購入したパック入りの卵は、冷蔵庫内で10℃以下に保つことにより、細菌の増殖を防ぐことができます。

冷蔵庫のドアポケットではなく、温度変化や衝撃を受けにくい棚にパックのまま保存することが、卵を新鮮に保つ秘訣です。

卵をパックから取り出して保存しない理由は、出荷時に行われる殺菌処理にあります。

購入後にパックから卵を取り出す際、手による触れ合いで菌が増えるリスクがあるため、取り出さずにそのままパックでの保存をお勧めします。

また、冷蔵庫に付属の卵保管ケースを使用するよりも、パックのまま保管することで卵を長く、安全に保存することができます。

賞味期限切れの卵、食べても大丈夫?

卵は賞味期限が過ぎても食べられるけど、生で食べるのはダメです。賞味期限が過ぎたら、生で食べないでくださいね。

期限が過ぎた後の卵は、しっかり火を通してから食べるようにしましょう。卵を調理する前に、ちょっと水で洗ってきれいにしましょう。

そうすると、卵の表面についている汚れなどを取り除けます。

また、賞味期限が過ぎた「温泉卵」も、中まで火が通っていない可能性があるので、食べない方がいいですよ。

まとめ

卵の賞味期限が1ヶ月過ぎた後でも食べられるかどうか、多くの人が気になるところですね。「卵の賞味期限切れ(1ヶ月)でも大丈夫?詳細分析!」というテーマで記事を書いてみました。

結論から言うと、卵は賞味期限を過ぎても、きちんと保存して、しっかりと加熱すれば食べることができることがわかりました。

やはり、賞味期限内に新鮮なうちに食べるのが一番ですが、期限が過ぎたからといってすぐにダメになるわけではありません。

適切に保存し、正しく調理すれば、無駄を省いておいしくいただけます。

賞味期限の長短は季節によっても変わるので、その点も覚えておくと良いでしょう。

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント