• 足裏の老廃物の流し方は?若石健康法のサロンで体験!

足裏の老廃物の流し方は?若石健康法のサロンで体験!

健康

足裏の老廃物の流し方は
足もみのマッサージをやったあと

30分以内に白湯をコップ1杯飲みました。

今回は

私の友人が若石健康サロンやっていたので
そこで足もみのマッサージをやってもらいました。

看板

看板には
NPO法人 足もみ健康法普及協会 岡谷支部と書かれています。

足もみの最初は足を温めました、
設定温度は42度で
暖めた時間は15分位でした。

冷えとりくん

足を入れた時は少し熱いかな~と思ったが
そのうち慣れて
いい足湯体験でした。

機種名は「冷え取り君」で、
楽天にもありました。

  •  
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高陽社 足湯器 冷え取り君 マイコンプレミアム FB-C80 ◆送料無料
価格:42000円(税込、送料無料) (2019/9/7時点)

楽天で購入

足湯が終わったら足もみです。

ここでは
最初に左足からツボ押し棒は使わず
手で押してやってくれました。

最初に押すツボは

溜まった老廃物を出すのが
目的ですので腎臓と膀胱の
ツボからのスタートでしたね。

自分でやるときも
左足からやるようにアドバイスを受けました。

足もみ

足もみをやっている様子ですが、

ここはゴリゴリしてて
歩いていてふらつきはありませんか?
とか言われながらのマッサージでしたね。

足裏を押されると
痛いところと、それほど痛くないところがありましたが
痛みがあれば、それは身体の異常の知らせとの事でした。

この足裏の痛みと身体の関連性は
足の反射区総合図表というのがあって

例えば痛みが
足裏の土踏まずの中心部なら
小腸の調子がおかしいとか

からだ全体が足裏で表されていますね

痛いところをていねいに
もみほぐして老廃物のかたまりを
取り除くのが足もみの効果だと感じました。

治療をしていただくと
足もだいぶ軽くなりますし
元気が回復しますので、定期的に通っています。

ご自分で足もみをやるときは
どんな順序でやったらいいのか
身体との反射区の関連性も分からなかったので

「足もみ力」の本も買ってみました。

足もみ力

いくつかの関連の本も出版されていますが
「足もみ力」が本がテレビ・雑誌で話題だったので
それにしました。

棒を使って自分でやる押し方

  • もみたいツボに対して
    棒が直角に当たるようなポジションをつくる。
  • 腕だけでなく、上半身も使って押す。
  • 老廃物が溜まっているとゴリゴリと感じます。
  • 必ずクリームを使い棒をあてて、押してそして動かす!
  • もみ始めは左足からです
  • 最初と最後には
    副腎→腎臓→輸尿管→膀胱→尿道です。

足裏の老廃物の流し方は?

足もみで痛みのある部分の
老廃物を流すには
ていねいに揉んだあと白湯を飲むのが大切ですね。

もみ終わったら

30分以内に白湯を500cc以上です。
コップで約2杯です。

チョットなれないと大変でしょうが、
老廃物を体外に出す効果的な量となります。

最低でもコップ1杯は頑張って飲んでください。
5分位の短い足もみであっても
白湯は飲みましょう。

手で揉む場合は棒で揉む場合以外で
足もみのマッサージローラーであっても
白湯は飲みましょう。

まとめとして

足裏の老廃物の流し方ポイントとして

  • 左足から始める。
  • 足裏を痛いところは特にていねいに。
  • 終わったあと30分以内に白湯を必ず飲む。
  • 短い時間であっても白湯は飲みます。
  • 出来るだけ継続して足もみをしましょう。
関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )